FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察1

  集団ストーカーという言葉をネットで知ったのは10年くらい前だったと思います、当時はネットに書いてある事がまったく信じられませんでした。警察が加害者側だなんてありえないと思っていました。しかし被害がひどくなるにつれてそれがほとんど事実だった事に気づきました。
 東京に住んでいたころ下の住人と騒音トラブルになり深夜に警察がきたとき事です、その時きた警察官は私の方に理解を示してくれていました(今ではありえないですがw)深夜だったこともあり少し話し合って終わりました。その後西新井署に相談に行ったのですが、ここで警察が加害者側であると思わさせる出来事があったのです。先日110番通報された事を対応した生活安全課の人に話すと、手に持っていた資料をみて、「110番通報はされませんね」と言ってきたのです、まったく予想できない言葉が返ってきた驚きと、警察に対する信用・信頼といったものがなくなった愕然とした気持ちになったのを覚えています。なぜなら110番された夜、警官と相手と私で話しをした会話はボイスレコーダーに記録していたからです。その記録を聞かせると手元の資料も見ることもなく「110記録ありました」と言い出す始末、この前後に数回相談に行ったが、ま~無理ですよね、加害者側だから。やたらソウカの肩をもつし。
この後にもめんどうな事が起ったのですが、それは後日にします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。